素材とタイプで分類する犬のフードの種類

犬の健康のためにも、飼い主としては美味しいフードを食べさせてあげたいですが、選ぶ時にはどんな風に選べばいいのか、多くの種類があるので迷ってしまいます。予算もありますので、なるべく安価でかつ栄養も含まれているものを探したいですが、いろんな分類があるので一つずつ見ていきましょう。まず、人のように主食か間食どちらになるのかを考え、その次に形状がどうなっているかというのはドライやソフトドライ、ウェット、というように細かく分けられています。素材も肉や魚などいろんなものを使って作られていますので、買っているペットの状態に合わせて選べるようになっています。また、年齢が幼児期や成長期など年齢でも分けられていますから、きちんと体調に合うように選んであげて下さい。

主食はどんなものを与えればいいのか

日常的に犬に食べさせるフードは、総合栄養食として記載があるのでそちらから選ぶ事になります。基本的には新鮮な水と、この栄養食を与える事で健康維持ができるようにされているので、もっと他に何かあげなくてはいけないのだろうかと心配する事はありません。その中から、形状がドライであるとか、セミモイスト、柔らかなウェットなどの種類に分かれているので、食べやすいものを選んであげましょう。一般的に市販されているのは粒のようになっているドライタイプで、手に入りやすく価格もお手頃です。小分けパックや無添加のものなどもありますので、保存しやすいものを選んで与えましょう。柔らかくなればなるほど食べやすくなり、味もよいと感じやすいですが、予算や体調に合わせて選ぶ事になります。

素材もしっかりよく見て選んであげたい

たくさんの商品がありますので、パッケージを見ていると値段だけで決めてしまいそうになる事もあるでしょう。使われている素材もたくさんありますが、肉と書いてあっても何の肉を使っているのか明記されていない事もあります。できる限り表記がしっかりしているものを選ぶ方が、飼い主としても安心して食べさせてあげられます。また、最近はペットたちも人間と同じように病気にかかる事も増えてきていますので、アレルギーなどが起こらないようにできる限り着色料や保存料、食品添加物などを使っていないものかどうか、表記をよく見ていきましょう。値段やメーカーが違うだけに思えるかもしれませんが、きちんと表記を見ているといろんな種類があることが分かります。犬の健康のためにも、飼い主がよく見て選ぶ事が大切です。